その後で警察に通報して車の事故があった事と状況

想像できずに不意に起こるのが事故です。

この状況でどんな風に処理した内容によって車の保険料の支払いも相当大きく異なる場合もあるので正確な判断力と行動が求められます。

想像できないハプニングに動揺してしまえば大事な対処を忘れてしまいそれから己がかなりの損を被ることも想像できるので交通事故に遭遇してしまった状況では適切に次に記述した行動するとよいかもしれません。

自動車事故を起こしてしまったケースでまずする必要があるのは負傷した人の状況を確認する必要があります。

事故の後すぐは気が動転するあまり呆然としてしまう時があり直ちに行動を起こせないのが当たり前です。

なので、負傷した人がいたならば危険ではない場所へ移して応急な手当を行って、119番通報する等救助の優先を心掛けましょう。

救急車を呼ぶ時は正しい事故現場を知らせて、分からない状況では周囲の分かり易い学校や番地名を連絡し事故の地点を特定できるようにします。

その後で警察に通報して車の事故があった事と状況を話します。

救急車とパトカーが来るのを待っている間に相手の内容を聞きます。

名前、連絡先、免許ナンバープレートの番号、相手側の自動車保険会社など自分だけでなく相手の内容をやり取りします。

この時に相手に不手際があったような状態では、その場で処理するケースが存在しますが事故現場でうやむやにするのではなくどういった状態だったにせよ110番や保険会社に報告して正しく判断してもらう事が必要です。

それぞれの身元をやり取りしたら他の交通の妨害にならないために妨げになる物道路の上からどけます。

どうしても被害が誰かの自動車の邪魔となっている時には、自分と相手の情報を交換するより早くそれを行っても構いません。

そして自分自身の加盟している自動車保険会社に電話をし、自動車での事故が起きた事を届け出ます。

車の事故から一定時間の時に自動車保険会社に電話しておかないと、自動車での事故の保険の適用除外とされる状況も考えられるので気がついたら遅れることなく電話をすることが大切です。

可能であれば手がかりとしてコンパクトカメラや携帯電話のカメラなどを使って現場や事故車の破損箇所を見ることができる写真を写しておきます。

その写真は落ち度の割合決定する重要な役割とできるので、自身の乗用車や先方の自動車の破損箇所を正しく証拠として残しておきます。

その時に目撃者がいるのであれば警察の方や保険会社が駆けつけるまでその場にそのまま待って頂くように呼びかけることも忘れてはいけません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.woodensatellites.com All Rights Reserved.