後すぐは訳が分からず何も出来ない状態

思いつきもせず急に遭遇してしまうのが事故です。

その状況でどんな判断するかが要因となり、自動車の保険金の支払金もかなり大きく変わることも想像されますので冷静な考えと対応力が大事です。

予期せぬケースで平静さを失ってしまったならば必要不可欠な対処を見落してしまい、自分自身が大きな損を受ける状況もあるので自動車事故をしてしまった時には的確に以下の判断を行います。

車の事故を起こした時に一番初めにすべきなのは負傷者の状況の確認です。

後すぐは訳が分からず何も出来ない状態になってしまうケースがありなかなか行動できないのが一般的です。

だから、怪我をした人がいたならば安全なところに移動して応急処置して、周りに助けを呼ぶ等して人命第一に努める必要があります。

救急車に連絡する状況では的確な事故の場所を告げて不明確な場合には辺りの目立つ学校や交差点名を連絡し事故の場所が分かるようにします。

次に警察へ通報し車の事故を起こしてしまった事さらに簡単に状況を話します。

救急車と警察を待っている内に事故の相手の情報を聞きます。

名前、連絡先、免許証番号、車のプレート事故相手の自動車保険会社等各々のことを伝えます。

特に相手側に不手際がある状態ではそこで片付けようとする状況がよくありますがその場所で片付けるのではなく、どのような場面であれ110番や自動車の保険会社届け出て、ジャッジしてもらう事が必要です。

関係者の内容をやり取りしたら他者の障害にならないために妨げになる物道から取り除きます。

万一障害となった物が通りかかった人の自動車の障害物となっている状況なら自分と相手の情報の交換をするよりもそれを完了させても構いません。

その次にあなたが掛金を支払っている自動車保険会社に連絡を入れ、事故を起こしてしまった事を届け出ます。

特定の期間の間に車の保険会社に電話しておかないと自動車での事故の保険の適用されない状況もあるのでなるべく早く行動することが欠かせません。

出来るのならば事故内容の証拠になるように、カメラや携帯などを用いて事故の現場や愛車の破損状態が分かる写真をを写します。

この証拠写真は責任の割合決定する際に重要な証拠とできますのであなたの乗用車や相手方のクルマの破損箇所をきっちりと証拠として残しておくことが重要です。

この時に目撃者がいたならば警察の人や自動車保険会社の人が着くまでその場所にそのまま待機してもらえるようにお願いするのも大切です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.woodensatellites.com All Rights Reserved.