www.woodensatellites.com

間接クレジットカード使用の手法は易しいです。クレジットカードによって直で取引できない販売品を直で買い込むのではなく商品券を経由してしていけばいいのです。解説が単純というわけで、第一にギフト券の実例を利用して説明してみたいと思います。例にあげようとしている個人が価値のあるコートを持ちたいと思案して立っています。買いたい有名なカバンを販売している所では購入したくてもクレジット払いができないのです。一方NICOSなどのギフトカードを用いるなら払う事を許容してくれるといっています。なのでモデルとなる個人はクレジットカードでギフトカードを購入した後で金券ショップに足を運びカードを用いてVISA、NICOSなどのギフトカードを買い付けしてみます。そして利用したクレジットカードを活用して買ったNICOSなどののギフト券をショップに持参して訪ね、求めていた高価なアクセサリーを買ったとします。「なぜ金券でそれを購入した人物は負担のかかる手続きをしなければいけないの?」と疑う事もあるかもしれませんが上記で述べた方法を運用するのだったら実際貯まることのなかったカードポイントが手に入れられます。普通、金を支払ってブランドアクセサリーを購入したりした時はキャッシングポイントはゲットできませんしNICOSなどのギフトカードを現金で取り寄せしてから用いてもクレジットポイントは得られません。しかし今話したケース、MasterCard、NICOSなどのギフト券をカードで注文したという理由で、高価なバックを買ったケースとつりあうような数だけクレジットポイントがゲットできるようになるのです。こういう事例が遠まわしにキャッシングを運用した状態になっているという理由により、間接的カードと呼ばれている仕方です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.woodensatellites.com All Rights Reserved.